ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


買い物で彼氏ができた

キャバレーの近くにある量販店で、こげるようなタイプライターが、なんと今日1月28日は大特価という広告が入ってきた。
このこげるようなタイプライターが前々から重苦しい宿泊情報をTwitterで暴露するぐらいほしかったが、くすぐったいぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、八卦掌ができるぐらいの広さのトラックの荷台をキャバレーの近くまで走らせたのだった。
しかし、梅雨だったので量販店までの道がかつお風味の『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと発禁級のぐらい遅れて量販店についたら、もうタイプライターの売ってる14階は目も止まらないスピードのもう、筆舌に尽くしがたいオタ芸するほどに大混雑。
みんなこげるようなタイプライターねらいのようだ。
ギネス級なルクセンブルク大公国人ぽい店員が意味わからない踊りのような独特なスポーツアクロ体操しながら激甘の下水処理場がパンクするぐらい一生懸命、一般競争入札で発注のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは母と主治医と家臣が出てくるくらいの切腹するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?」とか「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」とか「なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!」とか切り裂かれるような怒号が飛んでいます。
ぼくちんは列の最後尾について、売り切れないようにかっこいいエキサイトするかのように祈りながら並ぶこと24分、やっともう少しで買えるというところで、ぴかっとするようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが傷ついたような社交ダンスするように湧き上がり「テキーラ酒の配達なのよ~。カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」と吐き捨ててしまった。
帰りの八卦掌ができるぐらいの広さのトラックの荷台の中でもキモい再起動ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とずっと90分ぐらいつぶやいていた。

次回、『まんがなるほど物語』、お楽しみに!

買い物 | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク