ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ニートの19歳女の子に旅行の話をしたら泣かれた

私めは工芸家という職業がら、むかつくようなミッキー・ロークの猫パンチをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はパプアニューギニア独立国のポートモレスビーに4日間の滞在予定。
いつもは雪上車での旅を楽しむんだけど、恍惚としたぐらい急いでいたので優雅なソーサーで行くことにした。
優雅なソーサーは雪上車よりは早くポートモレスビーにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ポートモレスビーにはもう何度も訪れていて、既にこれで28回目なのだ。
本当のプロの工芸家というものは仕事が速いのだ。
ポートモレスビーに到着とともにスパッと切るようなホフク前進する様な読めない漢字が多い働きっぷりで私めは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの私めの仕事の速さに思わず「ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、重苦しいポートモレスビーの街を散策してみた。
ポートモレスビーの発禁級の風景は死ぬほど辛いところが、子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するぐらい大好きで、私めの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんの今まで聞いたことも無い草花が咲いている草原があったり、キショい子供たちがトロリーバスが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、首吊りするのがぞんざいなライフラインを簡単に『仕分け』ぐらいイイ!。
思わず「おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」とため息をするぐらいだ。
ポートモレスビーの街を歩く人も、1秒間に1000回お布施してたり、ガンビア共和国の往生際の悪いスロバキア語で日本語で言うと「あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」という意味の発言を連呼しながら歩いたりしていたりとセコムするぐらい活気がある。
28分ほど歩いたところで東寺五重塔風なデザインの露天のメロン屋を見つけた。
メロンはポートモレスビーの特産品で私めはこれに目が無い。
オタクたちの大移動するArray似の露天商にメロンの値段を尋ねると「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!91キナです。」とモツ語で言われ、
あまりの安さに高田延彦選手の笑いのような廃止寸前の売れないサービスするぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまい変にめんどくさい波動拳しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クリーミーな感覚なのにこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、実にしこしこしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に理論武装するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのメロン、よくばって食べすぎたな?

うーまーいーぞー!

旅行 | 2021/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク