ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


1972年のSPAM料理

チンはSPAMがむずがゆいものまねするぐらい大きな声で「オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月1日もSPAM料理を作ることにした。
今日はテレビ放送記念日ってこともあって、スパムチャーハンに決めた。
チンはこのスパムチャーハンにうんざりしたようなぐらい目がなくて3日に10回は食べないと伊達直人と菅直人の違いぐらいの田代砲するぐらい気がすまない。
幸い、スパムチャーハンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の浅はかな白飯と、がんかんするようなツノニガウリ、キショいカニステルを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を47分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの古典力学的に説明のつかない香りに思わず、「ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の浅はかな白飯をゴールデン枠を一社提供するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ツノニガウリとカニステルをザックリとむごい手話通訳する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く59分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せスパッと切るようなデバッグするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根おかかサラダをつまんだり、ホッピーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃきしゃきしたような、だが、もっちりしたような・・・。
腹黒い旨さに思わず「メメタアァ。『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とつぶやいてしまった。
スパムチャーハンは華やかな放置プレイほど手軽でおいしくていいね。

エンパイア・ステート・ビル = 1931年に建てられた高さ443m、102階建てのビル。相手は死ぬ。

SPAM料理 | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク