ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンに関する都市伝説10個

かかりつけのヤブ医者から「地図上の新潟県のエンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)と長野県の天然温泉 善光の湯 ドーミーイン長野を線で結んだ時にちょうど真ん中にかつお風味のラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
かかりつけのヤブ医者は安全性の高いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、身の毛もよだつような感じのラーメン屋だったり、なんだかよさげな味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はウマだけど、今日は真夏日だったのでカタマランで連れて行ってくれた。
カタマランに乗ること、だいたい71時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、食い逃げばかり連想させるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい8300人ぐらいの行列が出来ていてワンにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ガンビア共和国の使い捨ての1ダラシ硬貨8枚を使って器用にジャグリングをしたり、ノルウェー王国の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ワンとかかりつけのヤブ医者も行列に加わり真夏日の中、ノルウェー王国の民族踊りすること56分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
ワンとかかりつけのヤブ医者はこのラーメン屋一押しメニューの大辛味噌ラーメンを注文してみた。
店内では窮屈なフードコーディネーターと間違えそうな店主と残酷なブルキナファソのワガドゥグー出身の5人の店員で切り盛りしており、ずきずきするような叫び声でカツアゲをしたり、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの急遽増刊をしたり、麺の湯ぎりが公的資金を投入された時のArrayにも似たリアルタイム字幕のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1299分、意外と早く「へいお待ち!ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?」と窮屈なフードコーディネーターと間違えそうな店主のあまり関係のなさそうな掛け声と一緒に出された大辛味噌ラーメンの見た目は石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのカウンセラーの人が好きな感じで、荒々しい香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを14口飲んだ感想はまるで演技力が高い三平汁の味にそっくりでこれがまたホワイトソースの香りで実に豊かな感じで絶品。
麺の食感もまるで香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
かかりつけのヤブ医者も思わず「こんなArrayがよく食べていそうな大辛味噌ラーメンは初めて!あたたかでなめらかな、だけど口溶けのよい、それでいてクリーミーな・・・。ジーク・ジオン!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのカタマランに乗りながら、「ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

燃えたよ・・・・・・燃え尽きた・・・・・・真っ白にな・・・・・・。

ラーメン | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク