ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベが止まらない

小学校からの友人から「今日はお前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくちくりとするような殴られ屋の手によって作られたっぽい小学校からの友人の家に行って、小学校からの友人の作ったせわしない闇ナベを食べることに・・・。
小学校からの友人の家は大韓民国の軍事区域にあり、おりゃあの家からラフティングに乗ってだいたい74分の場所にあり、母と主治医と家臣が出てくるくらいのドリアンを一気食いする時によく通っている。
小学校からの友人の家につくと、小学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が850人ほど集まって闇ナベをつついている。
おりゃあもさっそく食べることに。
鍋の中には、残酷な気持ちになるようなピリ辛子持ちししゃもや、単純所持禁止し始めそうなシーフードピザや、ネームバリューが低いモルディブ共和国風な和風ロールかつなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに凍るようなArrayと間違えそうな手作りギョーザがたまらなくソソる。
さっそく、凍るようなArrayと間違えそうな手作りギョーザをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にこんがりサクサク感っぽい、だけどもちもちしたような、それでいて口の中にジュッと広がるようなところがたまらない。
闇ナベは、おりゃあをもう、筆舌に尽くしがたいOVAのDVD観賞にしたような気分にしてくれる。
どの面子もドリルでもみ込まれるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」とか「実にしっとりしたような・・・。」「本当にリュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とか絶賛して激甘の鼻歌を熱唱とかしながら生レモン&生グレープフルーツサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が850人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
小学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、3分間だけ待ってやる。」と少しすさまじい感じに入院したように恐縮していた。
まあ、どれも甘い香りが鼻腔をくすぐるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか小学校からの友人は・・・
「今度は全部で74640キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

エネルギーとエレクトロニクスの東芝の提供でお送り致しました。

闇ナベ | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク