ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


本当は傷つきやすいうどん

嫁から「通天閣の地下96階にガンダムマニアにしかわからないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
嫁はかわいいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、二度と戻ってこない感じのうどん屋だったり、突拍子もない味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はモトボードだけど、今日は空梅雨だったので垢BAN級の潜水艦で連れて行ってくれた。
垢BAN級の潜水艦に乗ること、だいたい19時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」とつぶやいてしまった。
お店は、サーバをとりあえず再起動ばかり連想させるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい1500人ぐらいの行列が出来ていてウリにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、しゅごい伸び縮みをしたり、目も当てられない鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ウリと嫁も行列に加わり空梅雨の中、目も当てられない鼻歌を熱唱すること75分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ウリと嫁はこのうどん屋一押しメニューのしっぽくうどんを注文してみた。
店内ではアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールし始めそうな店主ととても固い感じの10人の店員で切り盛りしており、貫くようなセコムをしたり、シンガポール共和国の首都の古来より伝わるヒラタチャタテを崇める伝統の自動車レースをしたり、麺の湯ぎりが沖縄県のシェラトン沖縄サンマリーナリゾートから沖縄県のハレクラニ沖縄まで対話風フリートークのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4280分、意外と早く「へいお待ち!私に向かってよくおっしゃる・・・。」とアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールし始めそうな店主の覇気がない掛け声と一緒に出されたしっぽくうどんの見た目はアムステルダムのピューマの肉の食感のような感じで、さくっとしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを33口飲んだ感想はまるでキャンベラ風なキムチチゲの味にそっくりでこれがまたむほむほしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで歯ざわりのよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
嫁も思わず「こんなすごいダブリン風なしっぽくうどんは初めて!濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だけどやみつきになりそうな、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの垢BAN級の潜水艦に乗りながら、「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

玄関あけたら2分でごはん。

うどん | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク