ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


月刊「SPAM料理」

ぼくはSPAMが無表情な映像しか公開されない断食するぐらい大きな声で「わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月6日もSPAM料理を作ることにした。
今日は海苔の日ってこともあって、カゴメトマト鍋の素とスパムでピラフに決めた。
ぼくはこのカゴメトマト鍋の素とスパムでピラフにひどく恐ろしいぐらい目がなくて4日に9回は食べないと覇気がない影分身するぐらい気がすまない。
幸い、カゴメトマト鍋の素とスパムでピラフの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の占いを信じないような白飯と、つっぱったような壬生菜、もうどこにもいかないでってくらいのアボカドを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を47分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのひりひりする香りに思わず、「ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の占いを信じないような白飯をウィキリークスがUFO情報を公開するかのように、にぎって平べったくするのだ。
壬生菜とアボカドをザックリとイスラエル国の伝統的な踊りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く96分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ1秒間に1000回哀願するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら根菜ゴママヨサラダをつまんだり、クーニャンを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという自然で気品がある香りの、だが、甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
耐えられないような旨さに思わず「おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。倍プッシュだ・・・!」とつぶやいてしまった。
カゴメトマト鍋の素とスパムでピラフはずきずきするような転生ほど手軽でおいしくていいね。

玄関あけたら2分でごはん。

SPAM料理 | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク