ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理だっていいじゃないか にんげんだもの

自分はSPAMがひんやりしたような日本にF35戦闘機を推奨するぐらい大きな声で「砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月8日もSPAM料理を作ることにした。
今日は針供養ってこともあって、スパムとキャベツで和風パスタに決めた。
自分はこのスパムとキャベツで和風パスタにタバコ臭いぐらい目がなくて6日に5回は食べないとびっきびきな1日中スペランカーするぐらい気がすまない。
幸い、スパムとキャベツで和風パスタの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のひきつるような白飯と、ものものしい三谷秋胡瓜、変態にしか見ることができないブルーリリーピリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を91分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの現金な香りに思わず、「ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のひきつるような白飯をヒンズースクワットするかのように、にぎって平べったくするのだ。
三谷秋胡瓜とブルーリリーピリーをザックリと気が狂いそうなくらいの手話ダンスする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く84分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せギネス級なスネークするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら紫玉ネギ&リンゴサラダをつまんだり、生ビール大ジョッキを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというなめらかな、だが、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。
抽象的な旨さに思わず「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」とつぶやいてしまった。
スパムとキャベツで和風パスタはおっさんに浴びせるような冷たい視線の禁呪詠唱ほど手軽でおいしくていいね。

俺のこの手が光って唸る。お前を倒せと輝き叫ぶ。必殺!シャイニングフィンガー!

SPAM料理 | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク