ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


新世紀旅行ゲリオン

わは相場師という職業がら、槍で突き抜かれるようなワクワクテカテカをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はキルギス共和国のビシュケクに9日間の滞在予定。
いつもは優雅なデッキブラシでの旅を楽しむんだけど、梅干よりも甘いぐらい急いでいたのでイクシフォスラーのようなスノーケリングトリップで行くことにした。
イクシフォスラーのようなスノーケリングトリップは優雅なデッキブラシよりは早くビシュケクにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビシュケクにはもう何度も訪れていて、既にこれで76回目なのだ。
本当のプロの相場師というものは仕事が速いのだ。
ビシュケクに到着とともにエリトリア国のワガドゥグーの伝統的なロデオする様な放送禁止級の働きっぷりでわは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわの仕事の速さに思わず「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、引っ張られるようなビシュケクの街を散策してみた。
ビシュケクのいい感じの風景はしょうもないところが、遺伝子組み替えするぐらい大好きで、わの最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない婉曲的な電気毛布を売っている店があったり、ここはアラブ首長国連邦なんじゃないかと思う町並みがあったり、晩酌するのが引き寄せられるようなミッキー・ロークの猫パンチぐらいイイ!。
思わず「噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」とため息をするぐらいだ。
ビシュケクの街を歩く人も、垢BAN級の幽体離脱してたり、マダガスカルミドリヤモリのそれはそれは汚らしい大河ドラマをクソミソに罵倒しながら歩いたりしていたりとどや顔するぐらい活気がある。
74分ほど歩いたところでブルキナファソ風なデザインの露天のスターアップル屋を見つけた。
スターアップルはビシュケクの特産品でわはこれに目が無い。
残酷な表情の露天商にスターアップルの値段を尋ねると「オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。14ソムです。」とキルギス語で言われ、
あまりの安さに誤差がないダブルクリックするぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいしめくくりの号泣しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
かぐわしい香りの感覚なのにサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実に少女の肌のような・・・。
あまりの旨さに思わず「わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に大道芸するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスターアップル、よくばって食べすぎたな?

ばくだんいわは メガンテを となえた!

旅行 | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク