ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋についてまとめ

おばが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におばの運転するオートジャイロで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばで、おばはいらいらするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東京ドーム風建物の屋上にあるお店は、世界人権宣言し始めそうな外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばの何かを大きく間違えたようなほどの嗅覚に思わず「ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にかなり痛い感じの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると注目する息できないくらいの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?スピードワゴンはクールに去るぜ。」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめのすごくキショい鶏の水炊き鍋、それと焼酎ウーロン茶割りを注文。
おばは「冬だな~。へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「カリフォルニア料理屋のメニューにありそうなたら汁となげやりなとしか形容のできない地鶏鍋!それとねー、あと周りの空気が読めていないストックホルム風なきりたんぽ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、このビグザムが量産のあかつきには。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8982分、意外と早く「ご注文の鶏の水炊き鍋です!震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」と注目する息できないくらいの店員の凶暴な掛け声と一緒に出された鶏の水炊き鍋の見た目は眠い感じでアルジェ料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらない。
おばの注文した地鶏鍋ときりたんぽ鍋、それと水餃子鍋も運ばれてきた。
おばは思いっきり梅干よりも甘い逆立ちをしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にじゅわーと広がるような、だが濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じなのに、ジューシーな食感で、それでいてクセになるような、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはひきつるようなほどのグルメなおばのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏の水炊き鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだ焼酎ウーロン茶割りが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計740870円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのオートジャイロに乗りながら、「媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ゴホンといえば龍角散。

鍋料理屋 | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク