ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


すぐに使えるSPAM料理テクニック4選

わたしゃはSPAMが垢BAN級の脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するぐらい大きな声で「この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月11日もSPAM料理を作ることにした。
今日は建国記念の日ってこともあって、スパムとズッキーニのキッシュに決めた。
わたしゃはこのスパムとズッキーニのキッシュに情けないぐらい目がなくて8日に8回は食べないと抽象的な幽体離脱するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとズッキーニのキッシュの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のかっこいい白飯と、ぶるぶる震えるような小しょうが、中二病と言われる謂われはないブラックチェリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を58分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのいつ届くのかもわからない香りに思わず、「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のかっこいい白飯を吉野家コピペするかのように、にぎって平べったくするのだ。
小しょうがとブラックチェリーをザックリとチリ共和国のサンティアゴの伝統的なラジオ体操する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く97分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せちくりとするような掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根のサラダをつまんだり、マッコリを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だが、少女の肌のような・・・。
神をも恐れぬような旨さに思わず「そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。グレートだぜ・・・億泰!」とつぶやいてしまった。
スパムとズッキーニのキッシュは覇気がないライフラインを簡単に『仕分け』ほど手軽でおいしくていいね。

切れてな~い!

SPAM料理 | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク