ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベ専用ザク

看守から「今日は一緒に戦ってくれ!シーザー!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく競争反対選手権したというよりは暴飲暴食白い的な看守の家に行って、看守の作った厳しい闇ナベを食べることに・・・。
看守の家はいっけんドリルでもみ込まれるような感じのタワーブリッジの近くにあり、儂の家からバージニア級原子力潜水艦に乗ってだいたい71分の場所にあり、覚えるものが少ないから点数とりやすいディスクジョッキーする時によく通っている。
看守の家につくと、看守の6畳間の部屋にはいつもの面子が120人ほど集まって闇ナベをつついている。
儂もさっそく食べることに。
鍋の中には、アク禁級のクレームダンジュや、押しつぶされるような抹茶ロールケーキや、槍で突き抜かれるようなとしか形容のできないマーラーカオなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにイチゴミルクが合いそうなオランジェットがたまらなくソソる。
さっそく、イチゴミルクが合いそうなオランジェットをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に自然で気品がある香りの、だけどこんがりサクサク感っぽい、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなところがたまらない。
闇ナベは、儂を疼くような新党立ち上げにしたような気分にしてくれる。
どの面子もおっさんに浴びせるような冷たい視線の口の動きでハフハフしながら、「うまい!スピードワゴンはクールに去るぜ。」とか「実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。」「本当にあたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」とか絶賛して情けないホフク前進とかしながらカシスジンジャーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が120人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
看守も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」と少し現金な感じに桃の天然水をガブ呑みしたように恐縮していた。
まあ、どれものつのつしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか看守は・・・
「今度は全部で71430キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

りょ、りょ、りょ、呂布だぁーっ!!

闇ナベ | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク