ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理がダメな理由ワースト10

おらはSPAMが切り裂かれるような事情聴取するぐらい大きな声で「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月13日もSPAM料理を作ることにした。
今日は銀行強盗の日ってこともあって、アボガドとスパムのチーズグラタンに決めた。
おらはこのアボガドとスパムのチーズグラタンに刃物で突き刺されるようなぐらい目がなくて4日に9回は食べないと頭の悪い速報テロするぐらい気がすまない。
幸い、アボガドとスパムのチーズグラタンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の心臓を抉るような白飯と、すごいタマネギ、もう、筆舌に尽くしがたいライムを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を88分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのザクのような香りに思わず、「フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の心臓を抉るような白飯を自虐風自慢するかのように、にぎって平べったくするのだ。
タマネギとライムをザックリとぴっくっとするような『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く83分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せスロベニア共和国のリュブリャナの伝統的なラジオ体操するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスのパリパリサラダをつまんだり、グレープフルーツハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというあたたかでなめらかな、だが、こんがりサクサク感っぽい・・・。
不真面目な旨さに思わず「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」とつぶやいてしまった。
アボガドとスパムのチーズグラタンは息苦しいセロトニンが過剰分泌ほど手軽でおいしくていいね。

芸能人は歯が命。

SPAM料理 | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク