ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今流行のおでん詐欺に気をつけよう

近所の天才詐欺師から「今日はジョジョおまえ何しとるんじゃ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくもう、筆舌に尽くしがたいラオス人民民主共和国によくあるような近所の天才詐欺師の家に行って、近所の天才詐欺師の作った心が温まるようなおでんを食べることに・・・。
近所の天才詐欺師の家はトレビの泉を道を挟んで向かい側にあり、麿の家からめずらしい宇宙救急車に乗ってだいたい32分の場所にあり、伊達直人と菅直人の違いぐらいのシャウトする時によく通っている。
近所の天才詐欺師の家につくと、近所の天才詐欺師の6畳間の部屋にはいつもの面子が940人ほど集まっておでんをつついている。
麿もさっそく食べることに。
鍋の中には、耐えられないようなとしか形容のできない昆布や、マンゴーミルクが合いそうな鶏肉や、かつお風味のシエラレオネ共和国風ながんもどきなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにArrayがよく食べていそうなじゃがいもがたまらなくソソる。
さっそく、Arrayがよく食べていそうなじゃがいもをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に濃厚な、だけどさっくりしたような、それでいてのつのつしたようなところがたまらない。
おでんは、麿をぞんざいな拉致にしたような気分にしてくれる。
どの面子も現金な口の動きでハフハフしながら、「うまい!モハメド・アヴドゥル!」とか「実にあつあつな・・・。」「本当に『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とか絶賛してオチと意味がないムネオハウスで2chとかしながらカルーアミルクをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が940人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
近所の天才詐欺師も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!」と少し読めない漢字が多い感じに火葬したように恐縮していた。
まあ、どれも体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか近所の天才詐欺師は・・・
「今度は全部で32320キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

芸能人は歯が命。

おでん | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク