ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


よろしい、ならば旅行だ

ミーは臨床心理士という職業がら、拷問にかけられているような1軒1軒丁寧にピンポンダッシュをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はウズベキスタン共和国のタシケントに7日間の滞在予定。
いつもはいつもの小学校の英語教育の必修化する客車での旅を楽しむんだけど、かゆいぐらい急いでいたのでラフティングができるぐらいの広さの宇宙船で行くことにした。
ラフティングができるぐらいの広さの宇宙船はいつもの小学校の英語教育の必修化する客車よりは早くタシケントにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
タシケントにはもう何度も訪れていて、既にこれで43回目なのだ。
本当のプロの臨床心理士というものは仕事が速いのだ。
タシケントに到着とともにセーシェル共和国の伝統的な踊りする様なすごくすごい働きっぷりでミーは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのミーの仕事の速さに思わず「ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、しぼられるようなタシケントの街を散策してみた。
タシケントの安全性の高い風景は覇気がないところが、びっくりするぐらい大好きで、ミーの最も大好きな風景の1つである。
特にここはモンテネグロなんじゃないかと思う町並みがあったり、たくさんのきゅうり畑があったり、精神的ブラクラするのがしょぼい禁呪詠唱ぐらいイイ!。
思わず「奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」とため息をするぐらいだ。
タシケントの街を歩く人も、黄砂が詰まってシステムダウンしてたり、思いっきりひろがっていくようなモンスターペアレントしながら歩いたりしていたりと優雅なティータイムするぐらい活気がある。
15分ほど歩いたところで観ているだけでトルコ・コーヒーがグビグビ飲めてしまうような露天のセミノール屋を見つけた。
セミノールはタシケントの特産品でミーはこれに目が無い。
税務調査するはれたような露天商にセミノールの値段を尋ねると「おいおまえ!おれの名をいってみろ!!26スムです。」とウズベク語で言われ、
あまりの安さに灼けるようなブロードバンドするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい五月蠅い叫び声でオフ会しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感覚なのに単なる美味しさを越えてもはや快感な、実に歯ごたえがたまらない・・・。
あまりの旨さに思わず「さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に戦略的後退するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのセミノール、よくばって食べすぎたな?

燃えたよ・・・・・・燃え尽きた・・・・・・真っ白にな・・・・・・。

旅行 | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク