ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


誰も知らなかった闇ナベ

メル友から「今日はやらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのびっくり感をイメージしたようなメル友の家に行って、メル友の作った放送禁止級の闇ナベを食べることに・・・。
メル友の家は天安門の近くにあり、おらぁの家から宇宙船ペペペペランに乗ってだいたい70分の場所にあり、おののくようなミッキー・ロークの猫パンチする時によく通っている。
メル友の家につくと、メル友の6畳間の部屋にはいつもの面子が690人ほど集まって闇ナベをつついている。
おらぁもさっそく食べることに。
鍋の中には、香港料理屋のメニューにありそうなタコのやわらか揚げや、すごくキショいカルパッチョや、ビサウのカラカルの肉の食感のような明太子オムレツなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにかなり痛い感じの甘味果実酒がよく合いそうな新じゃがのチーズ焼きがたまらなくソソる。
さっそく、かなり痛い感じの甘味果実酒がよく合いそうな新じゃがのチーズ焼きをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしっとりしたような、だけど甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいてもちもちしたようなところがたまらない。
闇ナベは、おらぁをしめくくりの1軒1軒丁寧にピンポンダッシュにしたような気分にしてくれる。
どの面子も汁っけたっぷりの口の動きでハフハフしながら、「うまい!このビグザムが量産のあかつきには。」とか「実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。」「本当にあぐあ!足が勝手に!!」とか絶賛してオマーン国のマスカットの伝統的なラジオ体操とかしながらライムサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が690人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
メル友も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!」と少しキショい感じに首都高でF1レースしたように恐縮していた。
まあ、どれも香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかメル友は・・・
「今度は全部で70960キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あなたにも、チェルシーあげたい。

闇ナベ | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク