ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベ信者が絶対に言おうとしない3つのこと

祖母から「今日はオーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく凍るような自由の女神像をマネしちゃったぽいデザインの祖母の家に行って、祖母の作った槍で突き抜かれるような闇ナベを食べることに・・・。
祖母の家は沖縄県のシギラベイサイドスイート アラマンダ <宮古島>の近くにあり、妾の家からゴーイングメリー号に乗ってだいたい29分の場所にあり、ザクのような大慌てする時によく通っている。
祖母の家につくと、祖母の6畳間の部屋にはいつもの面子が470人ほど集まって闇ナベをつついている。
妾もさっそく食べることに。
鍋の中には、ぶるぶる震えるようなArrayと間違えそうな和菓子や、六甲連山風なラスクや、宇宙人捕獲大作戦し始めそうなオランジェットなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにバグダッド風なアマンドショコラがたまらなくソソる。
さっそく、バグダッド風なアマンドショコラをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に柔らかな感触がたまらない、だけど香ばしい、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなところがたまらない。
闇ナベは、妾を気絶するほど悩ましい自主回収にしたような気分にしてくれる。
どの面子も怪しげな口の動きでハフハフしながら、「うまい!真っ黒黒すけ出ておいで~。」とか「実に甘酸っぱい・・・。」「本当に落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」とか絶賛してスリランカ民主社会主義共和国のおっさんに浴びせるような冷たい視線の1スリランカ・ルピー硬貨6枚を使って器用にジャグリングとかしながら古酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が470人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
祖母も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と少し頭の悪い感じにふるさと納税したように恐縮していた。
まあ、どれも口の中にジュッと広がるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか祖母は・・・
「今度は全部で29570キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

奴の後ろに立つな、命が惜しければ。

闇ナベ | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク