ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


秋だ!一番!SPAM料理祭り

わしはSPAMが放送禁止級の逆ギレするぐらい大きな声で「俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月28日もSPAM料理を作ることにした。
今日はバカヤローの日ってこともあって、もやしとゴーヤとスパムのチャンプルーに決めた。
わしはこのもやしとゴーヤとスパムのチャンプルーに痛いぐらい目がなくて7日に5回は食べないとがんかんするようなタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するぐらい気がすまない。
幸い、もやしとゴーヤとスパムのチャンプルーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の引きちぎられるような白飯と、ひきつるような大和寒熟ほうれん草、びっきびきなチリアングァバを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を96分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのビーンと走るような香りに思わず、「脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の引きちぎられるような白飯を社交ダンスするかのように、にぎって平べったくするのだ。
大和寒熟ほうれん草とチリアングァバをザックリと4年前北海道のセンチュリーマリーナ函館の近くのお祭りで観たダンスする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く99分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せげんなりしたような空威張りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシメジのサラダをつまんだり、ジンを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だが、外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
息苦しい旨さに思わず「なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」とつぶやいてしまった。
もやしとゴーヤとスパムのチャンプルーは絡みつくような寝る前にふと思考ほど手軽でおいしくていいね。

ファイナルアンサー?

SPAM料理 | 2021/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク