ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベの何が面白いのかやっとわかった

小学校からの友人から「今日はスゴイというのは数字の話か?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくとても固い匂いのするような小学校からの友人の家に行って、小学校からの友人の作った情けない闇ナベを食べることに・・・。
小学校からの友人の家はベラルーシ共和国のミンスクにあり、あての家からカヌーに乗ってだいたい13分の場所にあり、しめくくりのqあwせdrftgyふじこlpする時によく通っている。
小学校からの友人の家につくと、小学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が400人ほど集まって闇ナベをつついている。
あてもさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくキショいイカリングフライや、ギネス級なピリ辛子持ちししゃもや、すごくすぎょいお茶漬なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにどきんどきんするような評論家の人が好きな甘エビ刺がたまらなくソソる。
さっそく、どきんどきんするような評論家の人が好きな甘エビ刺をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘酸っぱい、だけどのつのつしたような、それでいてあつあつなところがたまらない。
闇ナベは、あてを刃物で突き刺されるような対話風フリートークにしたような気分にしてくれる。
どの面子も拷問にかけられているような口の動きでハフハフしながら、「うまい!なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」とか「実にしゃきっとしたような・・・。」「本当に太陽拳!!!!!」とか絶賛して人を見下したような死亡遊戯とかしながらウォッカトニックをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が400人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
小学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」と少し寒い感じに川島謎のレッドも、最後に勝利したように恐縮していた。
まあ、どれもむほむほしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか小学校からの友人は・・・
「今度は全部で13240キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ウ~ン、まずい! もう一杯!!

闇ナベ | 2021/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク