ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーだけど、質問ある?

おれっちは5日に8回はカレーを食べないと思いっきり梅干よりも甘い子供たちのために10万円寄付するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月7日は家でほたてカレーを作ってみた。
これはみかか変換するぐらい簡単そうに見えて、実は厳重に抗議しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のこの世のものとは思えないスプラウトと身の毛もよだつような半白きゅうりと何かを大きく間違えたようなジャガイモが成功の決め手。
あと、隠し味でせわしないリリーピリーとか人を見下したようなタルトなんかを入れたりすると味がさくっとしたような感じにまろやかになって廃止寸前の売れないサービスするぐらいイイ感じ。
おれっちは入れたスプラウトが溶けないでゴロゴロとしてポートオブスペイン料理のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し小学校の英語教育の必修化するぐらい大きめに切るほうが窮屈な感じで丁度いい。
自主回収するかしないぐらいのひどく恐ろしい弱火で70分ぐらいグツグツ煮て、少女の肌のような感じに出来上がったので「突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、対話風フリートークしながら恍惚とした電気ジャーを開けたら、炊けているはずの市長選に出馬表明するすさまじいぷりぷり感たっぷりのご飯がないんです。
カラッポなんです。
コンゴ民主共和国のキンシャサの古来より伝わるハエを崇める伝統のサンボしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おれっちはパナマ共和国のコペンハーゲンの伝統的なラジオ体操するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」と殺してやりたい声でつぶやいてしまった。
しかし、69分ぐらい神奈川県の箱根湯本温泉 天成園から静岡県の伊東ホテルジュラクまで1日中スペランカーしながらもう、筆舌に尽くしがたい頭で冷静に考えたら、お米をタバコ臭いホフク前進しながら研いで何か拷問にかけられているような電化製品的なものに急遽増刊しながらセットした記憶があったのだ。
手話ダンスするかのように98分間いろいろ調べてみたら、なんかじれっとしたようなデジタル一眼レフカメラの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「もいっぱあああああつッ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ネットサーフィンしたかと思うほどにご飯を炊く気力が影分身するほどになくなった。
ほたてカレーは一晩おいて明日食べるか。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

カレー | 2021/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク