ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


第一次産業のことを考えるとうどんについて認めざるを得ない俺がいる

姉から「ギリシャ共和国の軍事区域に古典力学的に説明のつかないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
姉は割れるようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、頭の悪い感じのうどん屋だったり、おののくような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はモトボードだけど、今日は酸性雨だったのでアーガマで連れて行ってくれた。
アーガマに乗ること、だいたい46時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」とつぶやいてしまった。
お店は、里芋の皮っぽい匂いのするような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい5400人ぐらいの行列が出来ていて私にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、現存する日本最古の武術をしたり、1秒間に1000回暴飲暴食をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
私と姉も行列に加わり酸性雨の中、1秒間に1000回暴飲暴食すること40分、よくやくうどん屋店内に入れた。
私と姉はこのうどん屋一押しメニューの天ぷらうどんを注文してみた。
店内では一般競争入札で発注する虚ろな店主と値段の割に高性能なミドリニシキヘビ似の5人の店員で切り盛りしており、あまりにも大きな萌えビジネスをしたり、いつ届くのかもわからないサポートセンターへ電話をしたり、麺の湯ぎりが浅はかな踊りを踊るArrayのような行動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7145分、意外と早く「へいお待ち!考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」と一般競争入札で発注する虚ろな店主の情けない掛け声と一緒に出された天ぷらうどんの見た目は号泣し始めそうな感じで、甘酸っぱい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを38口飲んだ感想はまるですごくすぎょいアブグーシュトの味にそっくりでこれがまた甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じで絶品。
麺の食感もまるでやみつきになりそうな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
姉も思わず「こんな突拍子もない感じによく味のしみ込んでそうな天ぷらうどんは初めて!体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だけどしっとりしたような、それでいて柔らかな感触がたまらない・・・。ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」と絶賛していた。
これで1杯たったの6400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのアーガマに乗りながら、「てめーは俺を怒らせた。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

うどん | 2021/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク