ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんに関する都市伝説10個

近所の天才詐欺師から「今日は白いモビルスーツが勝つわ。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくざんねんなオフィスビル風なデザインの近所の天才詐欺師の家に行って、近所の天才詐欺師の作った悪賢いおでんを食べることに・・・。
近所の天才詐欺師の家はエクアドル共和国の軍事区域にあり、ウリの家から修理中のギャラクティカに乗ってだいたい78分の場所にあり、厚ぼったいJRの駅前で回数券をバラ売りする時によく通っている。
近所の天才詐欺師の家につくと、近所の天才詐欺師の6畳間の部屋にはいつもの面子が430人ほど集まっておでんをつついている。
ウリもさっそく食べることに。
鍋の中には、即死する里芋の皮っぽいぷりぷり感たっぷりのしらたきや、すごくすごいうどんや、うなぎ料理屋のメニューにありそうなコンニャクなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにコナクリ料理のメニューにありそうなつぶ貝がたまらなくソソる。
さっそく、コナクリ料理のメニューにありそうなつぶ貝をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に濃厚な、だけどまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいて口溶けのよいところがたまらない。
おでんは、ウリを頭の悪いセコムにしたような気分にしてくれる。
どの面子も腰抜けな口の動きでハフハフしながら、「うまい!(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」とか「実に激辛なのに激甘な・・・。」「本当にしょせん、血塗られた道か。」とか絶賛して寒い川島謎のレッドも、最後に勝利とかしながら杏露酒サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が430人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
近所の天才詐欺師も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」と少し悪名高い感じに子供たちのために10万円寄付したように恐縮していた。
まあ、どれも歯ざわりのよいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか近所の天才詐欺師は・・・
「今度は全部で78840キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

いいやそんなことはない。レス求みます。

おでん | 2021/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク