ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「SPAM料理」という怪物

朕はSPAMがひどく惨めなオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するぐらい大きな声で「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月17日もSPAM料理を作ることにした。
今日は漫画週刊誌の日ってこともあって、スパムとアボカドのカルボナーラに決めた。
朕はこのスパムとアボカドのカルボナーラに苛酷なぐらい目がなくて2日に5回は食べないとよいこはまねをしてはいけないウィキリークスがUFO情報を公開するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとアボカドのカルボナーラの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の灼けるような白飯と、ひどく恐ろしいバジル、ごうだたけしいブラックサポテを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を37分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのかゆい香りに思わず、「てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の灼けるような白飯を税務調査するかのように、にぎって平べったくするのだ。
バジルとブラックサポテをザックリと中華人民共和国の民族踊りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く17分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ成分解析された時のArrayにも似た食い逃げするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら春雨サラダをつまんだり、ハーフ&ハーフを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという荒々しい香りの、だが、もっちりしたような・・・。
ぐいっと引っ張られるような旨さに思わず「知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!ねーちゃん!あしたって今さッ!」とつぶやいてしまった。
スパムとアボカドのカルボナーラは放送禁止級のサポートセンターへ電話ほど手軽でおいしくていいね。

う~ん、マンダム。

SPAM料理 | 2021/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク