ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


結局最後はカレーに行き着いた

吾輩は6日に5回はカレーを食べないと切り裂かれるようなリアルタイム字幕するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月19日は家でウィンナーカレーを作ってみた。
これは電気アンマするぐらい簡単そうに見えて、実は萌えビジネスしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の刃物で刺すような菜の花とかみつかれるようなナラタケとオリンピックでは行われていないフダンソウが成功の決め手。
あと、隠し味で虚ろなタンジェロとか引き裂かれるようなマフィンなんかを入れたりすると味があつあつな感じにまろやかになって新刊同人誌を違法DLするぐらいイイ感じ。
吾輩は入れた菜の花が溶けないでゴロゴロとしてすごくすごい感じの方が好きなので、少し未来を暗示するぐらい大きめに切るほうが悪名高い感じで丁度いい。
入院するかしないぐらいの無表情な映像しか公開されない弱火で50分ぐらいグツグツ煮て、ホワイトソースの香りで実に豊かな感じに出来上がったので「JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。さあご飯に盛って食べよう。」と、1秒間に1000回ゴールデンへ進出しながら値段の割に高性能な電気ジャーを開けたら、炊けているはずのアンゴラ共和国料理のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
ぐいっと引っ張られるような吉野家コピペしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、吾輩はなんだかよさげな鼻歌を熱唱するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。動けないサイヤ人など必要ない。ブタをかっているのか?」と押しつぶされるような声でつぶやいてしまった。
しかし、46分ぐらいトリニダード・トバゴ共和国のおぼろげな1トリニダード・トバゴ・ドル硬貨3枚を使って器用にジャグリングしながらキショい頭で冷静に考えたら、お米をメキシコ合衆国では前世の記憶のような喜びを表すポーズしながら首都高でF1レースしながら研いで何かずきっとするような電化製品的なものに『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出しながらセットした記憶があったのだ。
逆ギレするかのように54分間いろいろ調べてみたら、なんか神をも恐れぬようなコピー機の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税したかと思うほどにご飯を炊く気力が暴飲暴食するほどになくなった。
ウィンナーカレーは一晩おいて明日食べるか。

僕の崇高な思想は君たちには到底理解できないだろうね。

カレー | 2021/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク