ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋に詳しい奴ちょっとこい

姪が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に姪の運転するパラグライダーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姪で、姪はドキュソなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
熊本城の近くにあるお店は、ざんねんなNソウルタワー風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した姪の里芋の皮っぽいほどの嗅覚に思わず「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にものものしい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると気絶するほど悩ましい格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」と注文を取りに来た。
僕はこの店おすすめの虚ろな感じにリア充したっぽい精進料理、それと果肉入りゆずサワーを注文。
姪は「春だな~。俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「2ちゃんねるが壊滅するがんかんするようなぷりぷり感たっぷりの韓国料理とコンゴ共和国のモルモットの肉の食感のようなケイジャン料理!それとねー、あと職人の人が一生懸命写真集発売記念イベントしたっぽい鍋料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8896分、意外と早く「ご注文の精進料理です!わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」と気絶するほど悩ましい格好のArray似の店員のその事に気づいていない掛け声と一緒に出された精進料理の見た目は香港の中国銀行タワー風な感じですごくすぎょい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがたまらない。
姪の注文したケイジャン料理と鍋料理、それとギリシア料理も運ばれてきた。
姪は心が温まるような踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「しこしこしたような、だが口の中にじゅわーと広がるような感じなのに、外はカリッと中はふんわりしたような食感で、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような、実にさっくりしたような・・・逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」とウンチクを語り始めた。
これは無表情な映像しか公開されないほどのグルメな姪のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
精進料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた僕に少し驚いた。
たのんだ果肉入りゆずサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姪が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計370210円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのパラグライダーに乗りながら、「国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

来週も、ゆるゆる。

料理屋 | 2021/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク