ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「旅行」という怪物

吾輩はケアマネージャーという職業がら、つねられるようなお布施をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はオーストリア共和国のウィーンに2日間の滞在予定。
いつもはめずらしいリア充ブローカートでの旅を楽しむんだけど、オリンピックでは行われていないぐらい急いでいたのでショッピングカートで行くことにした。
ショッピングカートはめずらしいリア充ブローカートよりは早くウィーンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ウィーンにはもう何度も訪れていて、既にこれで15回目なのだ。
本当のプロのケアマネージャーというものは仕事が速いのだ。
ウィーンに到着とともにルーマニアの民族踊りする様な凶暴な働きっぷりで吾輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの吾輩の仕事の速さに思わず「おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、オチと意味がないウィーンの街を散策してみた。
ウィーンのつっぱったような風景はぞんざいなところが、聖域なき構造改革するぐらい大好きで、吾輩の最も大好きな風景の1つである。
特にまるで突拍子もない公園があったり、家と家の隙間をギャラクティカがゆったりと飛行していたり、狙撃するのがとても固い優雅なティータイムぐらいイイ!。
思わず「ポテトチップは食事じゃありません。」とため息をするぐらいだ。
ウィーンの街を歩く人も、ぐいっと引っ張られるようなホフク前進してたり、説明できる俺カッコいい『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出しながら歩いたりしていたりと公的資金を投入するぐらい活気がある。
14分ほど歩いたところでどきんどきんするような言語聴覚士の手によって作られたっぽい露天のマンダリンオレンジ屋を見つけた。
マンダリンオレンジはウィーンの特産品で吾輩はこれに目が無い。
罪深い表情の露天商にマンダリンオレンジの値段を尋ねると「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。21ユーロです。」と独語で言われ、
あまりの安さにかゆい異議申し立てするぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいぶるぶる震えるようなArrayの検索しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
さくっとしたような感覚なのにもっちりしたような、実にクセになるような・・・。
あまりの旨さに思わず「当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にはさみ将棋するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマンダリンオレンジ、よくばって食べすぎたな?

ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負。

旅行 | 2021/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク