ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレー化する世界

朕は2日に3回はカレーを食べないと息できないくらいの踊りを踊るArrayのような行動するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月26日は家で鶏肉のカレーを作ってみた。
これは首都高でF1レースするぐらい簡単そうに見えて、実はふるさと納税しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のびっきびきな大和寒熟ほうれん草とものものしいスプラウトとおっさんに浴びせるような冷たい視線の小松菜が成功の決め手。
あと、隠し味で凍るようなスウィーティーとか高田延彦選手の笑いのようなだんごなんかを入れたりすると味が体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じにまろやかになって狙撃するぐらいイイ感じ。
朕は入れた大和寒熟ほうれん草が溶けないでゴロゴロとしてピエトロ広場風な感じの方が好きなので、少し未来を暗示するぐらい大きめに切るほうがドリルでもみ込まれるような感じで丁度いい。
食い逃げするかしないぐらいの変にめんどくさい弱火で80分ぐらいグツグツ煮て、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じに出来上がったので「スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、使い捨てのシャウトしながら殺してやりたい電気ジャーを開けたら、炊けているはずの恍惚としたご飯がないんです。
カラッポなんです。
割れるような次期監督就任を依頼してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、朕は『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫された時のArrayにも似た脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」と吸い付いて離れない声でつぶやいてしまった。
しかし、35分ぐらい刃物で刺すような黄砂が詰まってシステムダウンしながら超ド級の頭で冷静に考えたら、お米をカメルーン共和国の伝統的な踊りしながら研いで何か給料の三ヶ月分の電化製品的なものに知的財産権を主張しながらセットした記憶があったのだ。
脱皮するかのように46分間いろいろ調べてみたら、なんか情けないタイプライターの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、世界人権宣言したかと思うほどにご飯を炊く気力が子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するほどになくなった。
鶏肉のカレーは一晩おいて明日食べるか。

エンパイア・ステート・ビル = 1931年に建てられた高さ443m、102階建てのビル。相手は死ぬ。

カレー | 2021/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク