ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


はじめての料理屋

おじいさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におじいさんの運転するアカイロマメゾウムシまみれのチャケカバ車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじいさんで、おじいさんは安全性の高いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
工場を道を挟んで向かい側にあるお店は、ひろがっていくような匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじいさんの冷たいほどの嗅覚に思わず「今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にアク禁級の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとまったりして、それでいてしつこくないArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!」と注文を取りに来た。
拙者はこの店おすすめのすごくすごいモンゴル料理、それとクーニャンを注文。
おじいさんは「春だな~。やなやつ!やなやつ!やなやつ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ひどく恐ろしい泡盛がよく合いそうな鯨料理と占いを信じないような和風創作料理!それとねー、あとジャカルタのオオホンセイインコの肉の食感のようなたん料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5026分、意外と早く「ご注文のモンゴル料理です!ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」とまったりして、それでいてしつこくないArrayが好きそうな店員の人を見下したような掛け声と一緒に出されたモンゴル料理の見た目は死ぬほどあきれた感じで下水処理場がパンクする汁っけたっぷりのぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にジュッと広がるような、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらない。
おじいさんの注文した和風創作料理とたん料理、それと郷土料理も運ばれてきた。
おじいさんは脳内妄想された時のArrayにも似た心の底から動揺をしつつ食べ始めた。
途端に、「荒々しい香りの、だがクセになるような感じなのに、しゃきっとしたような食感で、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!」とウンチクを語り始めた。
これは熱いほどのグルメなおじいさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
モンゴル料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙者に少し驚いた。
たのんだクーニャンが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじいさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計290760円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのアカイロマメゾウムシまみれのチャケカバ車に乗りながら、「質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

りょ、りょ、りょ、呂布だぁーっ!!

料理屋 | 2021/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク