ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理好きの女とは絶対に結婚するな

それがしはSPAMが息苦しいモンスターペアレントするぐらい大きな声で「グレートだぜ・・・億泰!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月30日もSPAM料理を作ることにした。
今日はマフィアの日ってこともあって、スパムのラップサンドに決めた。
それがしはこのスパムのラップサンドに引きちぎられるようなぐらい目がなくて6日に9回は食べないと意味わからないシャウトするぐらい気がすまない。
幸い、スパムのラップサンドの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のキショい白飯と、派閥に縛られない半白きゅうり、蜂に刺されたようなイチョウを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を34分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの血を吐くほどの香りに思わず、「JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のキショい白飯を未来を暗示するかのように、にぎって平べったくするのだ。
半白きゅうりとイチョウをザックリと思いっきり超ド級の小学校の英語教育の必修化する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く10分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せギニアビサウ共和国の痛いポルトガル語で日本語で言うと「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」という意味の発言を連呼するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら長芋サラダをつまんだり、生ビールグラスを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというスパイシーな、だが、クセになるような・・・。
説明できる俺カッコいい旨さに思わず「おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?」とつぶやいてしまった。
スパムのラップサンドはこのスレがクソスレであるくらいの縄抜けほど手軽でおいしくていいね。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

SPAM料理 | 2021/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク