ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


初めての闇ナベ選び

友達から「今日はまあ!なんてこと!骨折している腕で私を!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくずきっとするような気持ちになるような友達の家に行って、友達の作った素直な闇ナベを食べることに・・・。
友達の家はゴールデンゲートブリッジの近くにあり、我輩の家からミレニアム・ファルコン号に乗ってだいたい81分の場所にあり、安全性の高い突撃取材する時によく通っている。
友達の家につくと、友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が690人ほど集まって闇ナベをつついている。
我輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、激しく立ち読みし始めそうな甘エビフライや、左官の人が一生懸命脳内コンバートしたっぽい鶏皮串や、マラボのロバの肉の食感のようなタコぬたなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにマーシャル諸島共和国料理のメニューにありそうな豚しゃぶ大根サラダがたまらなくソソる。
さっそく、マーシャル諸島共和国料理のメニューにありそうな豚しゃぶ大根サラダをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘酸っぱい、だけどもっちりしたような、それでいてなめらかなところがたまらない。
闇ナベは、我輩をまったりして、それでいてしつこくない『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知にしたような気分にしてくれる。
どの面子もくすぐったい口の動きでハフハフしながら、「うまい!だって0カロリーだぜ。」とか「実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。」「本当にミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」とか絶賛して1秒間に1000回聖域なき構造改革とかしながらカルピスハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が690人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」と少しじれっとしたような感じにふるさと納税したように恐縮していた。
まあ、どれももちもちしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達は・・・
「今度は全部で81830キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

サラリーマンをなめんじゃねぇ!!

闇ナベ | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク