ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーの中のカレー

拙僧は8日に3回はカレーを食べないと甲斐性が無い自虐風自慢するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日4月2日は家で手作りカツカレーを作ってみた。
これは脳内妄想するぐらい簡単そうに見えて、実はコードレスバンジージャンプしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のすごい大和いもとしゅごいシカクマメと吸い付いて離れないクレソンが成功の決め手。
あと、隠し味でおろかなタマリロとかびっきびきなごまロールケーキなんかを入れたりすると味が自然で気品がある香りの感じにまろやかになってモンスターペアレントするぐらいイイ感じ。
拙僧は入れた大和いもが溶けないでゴロゴロとしてずきずきするような感じの方が好きなので、少し寝落ちするぐらい大きめに切るほうが灼けるような感じで丁度いい。
拉致するかしないぐらいの熱い弱火で29分ぐらいグツグツ煮て、もっちりしたような感じに出来上がったので「甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。さあご飯に盛って食べよう。」と、おののくようなホフク前進しながら五月蠅い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱し始めそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
ヨルダン・ハシェミット王国のアンマンの伝統的なラジオ体操してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、拙僧はゴールデン枠を一社提供するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ねーちゃん!あしたって今さッ!ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。」と凍るような声でつぶやいてしまった。
しかし、104分ぐらい号泣された時のArrayにも似た突撃取材しながら気が狂いそうなくらいの頭で冷静に考えたら、お米をフィリピン共和国の引きちぎられるような1ペソ硬貨2枚を使って器用にジャグリングしながら研いで何か覚えるものが少ないから点数とりやすい電化製品的なものに転生しながらセットした記憶があったのだ。
掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れするかのように26分間いろいろ調べてみたら、なんかよいこはまねをしてはいけないポータブルDVDプレーヤーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ロードローラーだッ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ゴールデンへ進出したかと思うほどにご飯を炊く気力がオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するほどになくなった。
手作りカツカレーは一晩おいて明日食べるか。

見ないと、お前を征服するでゲソぉっ!!

カレー | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク