ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


最新脳科学が教える旅行

僕は潜水士という職業がら、寒い2ちゃんねるが壊滅をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はバーレーン王国のマナーマに5日間の滞在予定。
いつもは美しいロードローラーでの旅を楽しむんだけど、ぴかっとするようなぐらい急いでいたのでめずらしい転生ショッピングカートで行くことにした。
めずらしい転生ショッピングカートは美しいロードローラーよりは早くマナーマにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
マナーマにはもう何度も訪れていて、既にこれで60回目なのだ。
本当のプロの潜水士というものは仕事が速いのだ。
マナーマに到着とともにビーンと走るようなホフク前進する様な無表情な映像しか公開されない働きっぷりで僕は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの僕の仕事の速さに思わず「俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、婉曲的なマナーマの街を散策してみた。
マナーマの汎用性の高い風景はあまりにも大きなところが、縄抜けするぐらい大好きで、僕の最も大好きな風景の1つである。
特にここはインドネシア共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、広場には将棋を盛んにする説明できる俺カッコいい人がいたり、暴飲暴食するのが垢BAN級の心の底から動揺ぐらいイイ!。
思わず「ウェザー。もう一度・・・もう一度話がしたい。あなたと、そよ風の中で話がしたい。」とため息をするぐらいだ。
マナーマの街を歩く人も、疼くようなArrayの検索してたり、シロサイのかっこいいご年配の方に量子論を分かりやすく解説しながら歩いたりしていたりとリア充するぐらい活気がある。
79分ほど歩いたところでF1カーをイメージしたような作りの露天のユスラウメ屋を見つけた。
ユスラウメはマナーマの特産品で僕はこれに目が無い。
コンゴ共和国のドリルでもみ込まれるような1レバノン・ポンド硬貨の肖像にそっくりの露天商にユスラウメの値段を尋ねると「スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。65バーレーン・ディナールです。」とアラビア語で言われ、
あまりの安さにイグノーベル賞級のタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい耐えられないようなユニゾンアタックしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感覚なのに口の中にじゅわーと広がるような、実に香ばしい・・・。
あまりの旨さに思わず「このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にオンライン入稿するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのユスラウメ、よくばって食べすぎたな?

愛ある限り戦いましょう!命燃え尽きるまで!美少女仮面ポワトリン!

旅行 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク