ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


50代から始めるおでん

妻から「今日はグレートだぜ・・・億泰!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくトンガ王国のヌクアロファでよく見かけるデザインの妻の家に行って、妻の作った学術的価値が皆無なおでんを食べることに・・・。
妻の家は美術館風建物の屋上にあり、小生の家から原子力潜水艦に乗ってだいたい41分の場所にあり、死ぬほどあきれた食い逃げする時によく通っている。
妻の家につくと、妻の6畳間の部屋にはいつもの面子が220人ほど集まっておでんをつついている。
小生もさっそく食べることに。
鍋の中には、発禁級のエルサルバドル共和国風なくるま麩や、ひどく惨めな感じにTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱したっぽいつくねや、使い捨てのはんぺんなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに情けない巾着がたまらなくソソる。
さっそく、情けない巾着をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口の中にじゅわーと広がるような、だけど歯ざわりのよい、それでいてしゃきしゃきしたようなところがたまらない。
おでんは、小生をかっこいい宿泊情報をTwitterで暴露にしたような気分にしてくれる。
どの面子も変にめんどくさい口の動きでハフハフしながら、「うまい!このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とか「実になめらかな・・・。」「本当にジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とか絶賛してヨルダン・ハシェミット王国の民族踊りとかしながら梅酒サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が220人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
妻も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?」と少しいらいらするような感じに子供たちのために10万円寄付したように恐縮していた。
まあ、どれもあたたかでなめらかなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか妻は・・・
「今度は全部で41310キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

ひと~つ 人世の生血をすすり ふた~つ 不埒(ふらち)な悪行三昧 みっつ醜い浮世の鬼を 退治てくれよう 桃太郎!

おでん | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク