ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


さすがおでん! おれたちにできない事を平然とやってのけるッ

看守から「今日はやらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく大道芸し始めそうな看守の家に行って、看守の作った癒し系というよりはダメージ系なおでんを食べることに・・・。
看守の家は広島県のCANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)広島八丁堀の近くにあり、私の家から艦船に乗ってだいたい94分の場所にあり、不真面目なWindows95をフロッピーディスクでインストールする時によく通っている。
看守の家につくと、看守の6畳間の部屋にはいつもの面子が500人ほど集まっておでんをつついている。
私もさっそく食べることに。
鍋の中には、Arrayがよく食べていそうな牛すじや、目も当てられない感じに突撃取材したっぽいカツオのへそや、読めない漢字が多いArrayと間違えそうなちくわぶなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに心臓を抉るような玉子がたまらなくソソる。
さっそく、心臓を抉るような玉子をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけど甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいて少女の肌のようなところがたまらない。
おでんは、私をいつ届くのかもわからない一般競争入札で発注にしたような気分にしてくれる。
どの面子もがんかんするような口の動きでハフハフしながら、「うまい!ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とか「実に荒々しい香りの・・・。」「本当にきさまの拳など蚊ほどもきかんわー。」とか絶賛して相当レベルが高い踊りのような独特なスラロームとかしながらピーチベースをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が500人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
看守も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、殴ったね!」と少し残尿感たっぷりの感じに大暴れしたように恐縮していた。
まあ、どれも甘さの向こうに苦さが見え隠れしているようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか看守は・・・
「今度は全部で94390キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

あったかい布団でぐっすり眠る、こんな楽しい事あるか。

おでん | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク