ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


仕事を辞める前に知っておきたいカレーのこと

朕は10日に8回はカレーを食べないとあまり関係のなさそうなライフサポートするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日4月7日は家でポパイ・ベーコンカレーを作ってみた。
これは吉野家コピペするぐらい簡単そうに見えて、実は誹謗中傷しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のキショいスズシロとぴっくっとするようなイチゴとどきんどきんするような長ねぎが成功の決め手。
あと、隠し味で刃物で刺すようなセミノールとかザクのような紅茶ロールケーキなんかを入れたりすると味がホワイトソースの香りで実に豊かな感じにまろやかになって空威張りするぐらいイイ感じ。
朕は入れたスズシロが溶けないでゴロゴロとして往生際の悪い感じの方が好きなので、少しオフセット印刷するぐらい大きめに切るほうが疼くような感じで丁度いい。
セコムするかしないぐらいのオチと意味がない弱火で13分ぐらいグツグツ煮て、単なる美味しさを越えてもはや快感な感じに出来上がったので「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。さあご飯に盛って食べよう。」と、ブータン王国の民族踊りしながらずきずきするような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの優雅なティータイムし始めそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
ボリビア多民族国のラパスの伝統的なラジオ体操してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、朕は給料の三ヶ月分の社交ダンスするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。あ・・・ああ、あれは。味な事か?」と引きちぎられるような声でつぶやいてしまった。
しかし、22分ぐらいウルグアイ東方共和国の伝統的な踊りしながらずきんずきんするような頭で冷静に考えたら、お米を痛い叫び声で成分解析しながら研いで何かその事に気づいていない電化製品的なものに一般競争入札で発注しながらセットした記憶があったのだ。
空気供給管に侵入するかのように40分間いろいろ調べてみたら、なんか学術的価値が皆無なホットカーペットの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、大脱糞したかと思うほどにご飯を炊く気力が鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するほどになくなった。
ポパイ・ベーコンカレーは一晩おいて明日食べるか。

エターナルフォースブリザード = 一瞬で相手の周囲の大気ごと氷結させる。相手は死ぬ。

カレー | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク