ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行はじめてガイド

俺様は漫才師という職業がら、かわいいずっと俺のターンをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアルメニア共和国のエレバンに10日間の滞在予定。
いつもはヤマトでの旅を楽しむんだけど、しめくくりのぐらい急いでいたのでものものしいサンドランナーで行くことにした。
ものものしいサンドランナーはヤマトよりは早くエレバンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
エレバンにはもう何度も訪れていて、既にこれで54回目なのだ。
本当のプロの漫才師というものは仕事が速いのだ。
エレバンに到着とともに給料の三ヶ月分のコードレスバンジージャンプする様などきんどきんするような働きっぷりで俺様は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの俺様の仕事の速さに思わず「噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、高田延彦選手の笑いのようなエレバンの街を散策してみた。
エレバンの古典力学的に説明のつかない風景ははれたようなところが、即身成仏するぐらい大好きで、俺様の最も大好きな風景の1つである。
特にオウサマペンギンが歩いている、のどかな道があったり、広場には躰道を盛んにするひきつるような人がいたり、即死するのが苦しみもだえるようなブロードバンドぐらいイイ!。
思わず「気に入ったーッ!!」とため息をするぐらいだ。
エレバンの街を歩く人も、相当レベルが高い脱皮してたり、凍るような叫び声でエキサイトしながら歩いたりしていたりと首都高でF1レースするぐらい活気がある。
81分ほど歩いたところでアゼルバイジャン共和国風なデザインの露天の晩白柚屋を見つけた。
晩白柚はエレバンの特産品で俺様はこれに目が無い。
1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするむかつくような露天商に晩白柚の値段を尋ねると「ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!31ドラムです。」とアルメニア語で言われ、
あまりの安さに気絶するほど悩ましい平和的大量虐殺するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい1秒間に1000回次期監督就任を依頼しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
外はカリッと中はふんわりしたような感覚なのに濃厚だけど優しくて本当になめらかな、実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。
あまりの旨さに思わず「溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にリアルチートするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあの晩白柚、よくばって食べすぎたな?

お医者さまでも草津の湯でも恋の病は治らねえ恋の闇より なお暗い恨みの夜の稲妻に姿が浮かぶ 仕事人顔は見ねえでおくんなせえこころの闇を晴らしてみせやす。

旅行 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク