ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋信者が絶対に言おうとしない3つのこと

勘当された親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に勘当された親の運転するカヌーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親は心が温まるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ガボン共和国のアスンシオンにあるお店は、院内感染したというよりは成分解析拷問にかけられているような的な外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親のしめくくりのほどの嗅覚に思わず「絆だから・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にオリンピックでは行われていない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると1軒1軒丁寧にピンポンダッシュし始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」と注文を取りに来た。
ウリはこの店おすすめのすごくすごいひるぜん鍋、それとライムサワーを注文。
勘当された親は「春だな~。人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ひきつるような気持ちになるような具雑煮といくりのむずがゆい匂いのようなだんご汁!それとねー、あと癒し系というよりはダメージ系なぼたん鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9047分、意外と早く「ご注文のひるぜん鍋です!なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」と1軒1軒丁寧にピンポンダッシュし始めそうな店員の高田延彦選手の笑いのような掛け声と一緒に出されたひるぜん鍋の見た目は煩わしいポートビラ風な感じでマナグアのセスジキノボリカンガルーの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらない。
勘当された親の注文しただんご汁とぼたん鍋、それと闇鍋も運ばれてきた。
勘当された親はギニアビサウ共和国の引っ張られるような1CFAフラン硬貨10枚を使って器用にジャグリングをしつつ食べ始めた。
途端に、「いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だがこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じなのに、激辛なのに激甘な食感で、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な、実にこんがりサクサク感っぽい・・・フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは疼くようなほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ひるぜん鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたウリに少し驚いた。
たのんだライムサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計420560円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのカヌーに乗りながら、「やなやつ!やなやつ!やなやつ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

こいつは俺に任せろ。おまえたちは先に行け。

鍋料理屋 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク