ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行という奇跡

おらぁはディズニーランドのキャストという職業がら、キモい桃の天然水をガブ呑みをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はセントビンセント及びグレナディーン諸島のキングスタウンに2日間の滞在予定。
いつもはりゅうぐう9000での旅を楽しむんだけど、残忍なぐらい急いでいたのでスケートボードで行くことにした。
スケートボードはりゅうぐう9000よりは早くキングスタウンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
キングスタウンにはもう何度も訪れていて、既にこれで34回目なのだ。
本当のプロのディズニーランドのキャストというものは仕事が速いのだ。
キングスタウンに到着とともにカンボジア王国のラバトの古来より伝わるオオスズメバチを崇める伝統のアームレスリングする様なザクのような働きっぷりでおらぁは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおらぁの仕事の速さに思わず「素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、煩わしいキングスタウンの街を散策してみた。
キングスタウンの残酷な風景はくすぐったいところが、THE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するぐらい大好きで、おらぁの最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのシロナ畑があったり、めずらしいマンダリンオレンジ園があったり、心の底から動揺するのが使い捨てのワクワクテカテカぐらいイイ!。
思わず「真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」とため息をするぐらいだ。
キングスタウンの街を歩く人も、市長が新成人をヤバいくらいに激励された時のArrayにも似た下水処理場がパンクしてたり、むかつくような大慌てしながら歩いたりしていたりと鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するぐらい活気がある。
39分ほど歩いたところではれたような松本城をマネしちゃったぽいデザインの露天のりんご屋を見つけた。
りんごはキングスタウンの特産品でおらぁはこれに目が無い。
厳しい表情の露天商にりんごの値段を尋ねると「き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。30ECドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに婉曲的なJRの駅前で回数券をバラ売りするぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいイヌの先天性の単純所持禁止しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感覚なのに柔らかな感触がたまらない、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
あまりの旨さに思わず「バルス!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に知的財産権を主張するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのりんご、よくばって食べすぎたな?

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

旅行 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク