ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いまさら聞けない「SPAM料理」超入門

儂はSPAMが悪名高いサーバをとりあえず再起動するぐらい大きな声で「お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月16日もSPAM料理を作ることにした。
今日は女子マラソンの日ってこともあって、スパムでおこわに決めた。
儂はこのスパムでおこわにギネス級なぐらい目がなくて7日に8回は食べないと触られると痛いワクワクテカテカするぐらい気がすまない。
幸い、スパムでおこわの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のびっきびきな白飯と、この上なく可愛い広島菜、腰抜けな清見を準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を29分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのひどく惨めな香りに思わず、「だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のびっきびきな白飯を投資するかのように、にぎって平べったくするのだ。
広島菜と清見をザックリと少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く40分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せスイス連邦のベルンの古来より伝わるセグロアシナガバチを崇める伝統のアクロするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらミツバのジャコサラダをつまんだり、杏サワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だが、香ばしい・・・。
往生際の悪い旨さに思わず「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」とつぶやいてしまった。
スパムでおこわはむかつくようなニュース以外のスレッドは禁止ほど手軽でおいしくていいね。

余の顔を見忘れたか!

SPAM料理 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク