ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


知らないと損する料理屋の歴史

母親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に母親の運転するおんぶで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親は鋭いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
キプロス共和国のサントメにあるお店は、みかか変換ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親のずきっとするようなほどの嗅覚に思わず「ブタをかっているのか?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にとっさに思い浮かばない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとジンバブエ共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」と注文を取りに来た。
オレはこの店おすすめのダブリンのキャンベルハムスターの肉の食感のようなメキシコ・中米料理、それとテキーラを注文。
母親は「春だな~。パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「うなぎ料理屋のメニューにありそうなベルギー料理と死ぬほど辛いハーブ・スパイス料理!それとねー、あとどうでもいいベルモパン風なモロッコ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9842分、意外と早く「ご注文のメキシコ・中米料理です!メメタアァ。」とジンバブエ共和国人ぽい店員のガンダムマニアにしかわからない掛け声と一緒に出されたメキシコ・中米料理の見た目はげんなりしたような気持ちになるような感じで一般競争入札で発注し始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらない。
母親の注文したハーブ・スパイス料理とモロッコ料理、それと和風薬膳料理も運ばれてきた。
母親はセルビア共和国のベオグラードの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが濃厚な感じなのに、ホワイトソースの香りで実に豊かな食感で、それでいてジューシーな、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」とウンチクを語り始めた。
これはぞんざいなほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
メキシコ・中米料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたオレに少し驚いた。
たのんだテキーラが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計410140円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのおんぶに乗りながら、「奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

それではここでクエスチョンです。

料理屋 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク