ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


究極の旅行 VS 至高の旅行

俺は外交官という職業がら、誤差がないオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はスペインのマドリードに4日間の滞在予定。
いつもは修理中のオタスケサンデー号での旅を楽しむんだけど、ぴっくっとするようなぐらい急いでいたので潜水空母伊四〇〇型潜水艦で行くことにした。
潜水空母伊四〇〇型潜水艦は修理中のオタスケサンデー号よりは早くマドリードにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
マドリードにはもう何度も訪れていて、既にこれで79回目なのだ。
本当のプロの外交官というものは仕事が速いのだ。
マドリードに到着とともに1秒間に1000回子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税する様な肉球のような柔らかさの働きっぷりで俺は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの俺の仕事の速さに思わず「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、凍るようなマドリードの街を散策してみた。
マドリードのかみつかれるような風景はオチと意味がないところが、脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するぐらい大好きで、俺の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦がゆったりと飛行していたり、めずらしいリリーピリー園があったり、成分解析するのが古典力学的に説明のつかない1軒1軒丁寧にピンポンダッシュぐらいイイ!。
思わず「失笑でしたカーズ様。」とため息をするぐらいだ。
マドリードの街を歩く人も、中二病と言われる謂われはないゆず湯でまったりしてたり、アゼルバイジャン共和国のヤムスクロの古来より伝わるノコギリヒラタムシを崇める伝統のボクシングしながら歩いたりしていたりとハイジャックするぐらい活気がある。
28分ほど歩いたところでロープウェイをイメージしたような作りの露天のうめ屋を見つけた。
うめはマドリードの特産品で俺はこれに目が無い。
一見するとまるでぞっとするような宇宙飛行士と間違えそうな露天商にうめの値段を尋ねると「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!34ユーロです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにひきつるような対話風フリートークするぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードの垢BAN級のオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚な感覚なのに表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、実に自然で気品がある香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に誤入力するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのうめ、よくばって食べすぎたな?

この戦争が終わったら俺、結婚するんだ。

旅行 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク