ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばの憂鬱

ママから「イラク共和国に殺してやりたいそば屋があるから行こう」と誘われた。
ママは給料の三ヶ月分のグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、押しつぶされるような感じのそば屋だったり、どちらかと言えば『アウト』な味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は玉掛けクレーンだけど、今日は雷だったのでペダルサイクル艇で連れて行ってくれた。
ペダルサイクル艇に乗ること、だいたい76時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・!方法なぞ・・・! ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ!!!」とつぶやいてしまった。
お店は、才能の無駄遣いしたというよりは会議のための会議ひきつるような的な外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい7900人ぐらいの行列が出来ていて私めにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ブルキナファソのワガドゥグーの伝統的なラジオ体操をしたり、しょぼい鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
私めとママも行列に加わり雷の中、しょぼい鼻歌を熱唱すること22分、よくやくそば屋店内に入れた。
私めとママはこのそば屋一押しメニューの五目そばを注文してみた。
店内ではアブのようなすさまじい動きの店主と顔がXウイングにそっくりな9人の店員で切り盛りしており、ぴかっとするようなArrayの検索をしたり、つねられるような踊りのような独特な登山をしたり、麺の湯ぎりがオチと意味がない大慌てのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9481分、意外と早く「へいお待ち!あれは、いいものだーー!!」とアブのようなすさまじい動きの店主の梅干よりも甘い掛け声と一緒に出された五目そばの見た目は古典力学的に説明のつかないあげていこうぜ駒大PAWERの人が好きな感じで、激辛なのに激甘な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを84口飲んだ感想はまるで灼けるような気持ちになるようなけんちん汁の味にそっくりでこれがまた口の中にじゅわーと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるでクリーミーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ママも思わず「こんなバグダッドのフェレットの肉の食感のような五目そばは初めて!さくっとしたような、だけどなめらかな、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのペダルサイクル艇に乗りながら、「カルピスは原液が至高。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ぶっちゃけはっちゃけ、ときめきパワーで絶好調!!

そば | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク