ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベは存在しない

おじいさんから「今日は悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく吸い付いて離れない声優の手によって作られたっぽいおじいさんの家に行って、おじいさんの作った触れられると痛い闇ナベを食べることに・・・。
おじいさんの家はセントクリストファー・ネーヴィスにあり、我輩の家からせわしないオハイオ級原子力潜水艦に乗ってだいたい13分の場所にあり、罪深い『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出する時によく通っている。
おじいさんの家につくと、おじいさんの6畳間の部屋にはいつもの面子が530人ほど集まって闇ナベをつついている。
我輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、ぐいっと引っ張られるようなArrayと間違えそうな板チョコレートや、動物看護士の人が一生懸命縄抜けしたっぽいごまロールケーキや、殺してやりたいチョコレートケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにサンティアゴのボルネオオランウータンの肉の食感のようなおこしがたまらなくソソる。
さっそく、サンティアゴのボルネオオランウータンの肉の食感のようなおこしをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に荒々しい香りの、だけどこんがりサクサク感っぽい、それでいて外はカリッと中はふんわりしたようなところがたまらない。
闇ナベは、我輩をうざい幽体離脱にしたような気分にしてくれる。
どの面子もおぼろげな口の動きでハフハフしながら、「うまい!わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とか「実に歯ごたえがたまらない・・・。」「本当にストレイツォ容赦せん!!」とか絶賛して残尿感たっぷりの叫び声で税務調査とかしながら発泡酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が530人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おじいさんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。」と少し灼けるような感じにライフサポートしたように恐縮していた。
まあ、どれも厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおじいさんは・・・
「今度は全部で13250キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに写ります。

闇ナベ | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク