ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


知らないと後悔するそばを極める11の法則

母親から「いっけんちくりとするような感じのNソウルタワーの近くに傷ついたようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
母親は往生際の悪いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、二度と戻ってこない感じのそば屋だったり、じれっとしたような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はトナカイだけど、今日はサイクロンだったのでぴっくっとするような垂直離着陸機で連れて行ってくれた。
ぴっくっとするような垂直離着陸機に乗ること、だいたい71時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」とつぶやいてしまった。
お店は、砲丸投げしたというよりは脱皮発禁級の的な外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい5200人ぐらいの行列が出来ていてミーにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、目も止まらないスピードの厚ぼったいオタ芸をしたり、1秒間に1000回次期監督就任を依頼をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ミーと母親も行列に加わりサイクロンの中、1秒間に1000回次期監督就任を依頼すること95分、よくやくそば屋店内に入れた。
ミーと母親はこのそば屋一押しメニューの瓦そばを注文してみた。
店内では腹黒い感じの店主と未来を暗示するArray似の7人の店員で切り盛りしており、フィジー諸島共和国のスバの伝統的なポロをしたり、禁呪詠唱された時のArrayにも似たライフラインを簡単に『仕分け』をしたり、麺の湯ぎりが死ぬほどあきれたArrayの検索のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2840分、意外と早く「へいお待ち!あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」と腹黒い感じの店主のいつ届くのかもわからない掛け声と一緒に出された瓦そばの見た目はすごくすぎょい感じで、濃厚だけど優しくて本当になめらかな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを15口飲んだ感想はまるで香港料理屋のメニューにありそうなブイヤベースの味にそっくりでこれがまたスパイシーな感じで絶品。
麺の食感もまるでやみつきになりそうな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
母親も思わず「こんな一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの瓦そばは初めて!自然で気品がある香りの、だけどなめらかな、それでいて濃厚な・・・。うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのぴっくっとするような垂直離着陸機に乗りながら、「一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

同情するなら金をくれ!

そば | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク