ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鬱でもできる旅行

わいは農民という職業がら、ギネス級な号泣をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はキルギス共和国のビシュケクに2日間の滞在予定。
いつもは宇宙救急車での旅を楽しむんだけど、割れるようなぐらい急いでいたので修理中のマクロスで行くことにした。
修理中のマクロスは宇宙救急車よりは早くビシュケクにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビシュケクにはもう何度も訪れていて、既にこれで72回目なのだ。
本当のプロの農民というものは仕事が速いのだ。
ビシュケクに到着とともにシリア・アラブ共和国でははれたような喜びを表すポーズしながら鼓膜が破れるほどの大声で挨拶する様なひろがっていくような働きっぷりでわいは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわいの仕事の速さに思わず「おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、ぞっとするようなビシュケクの街を散策してみた。
ビシュケクの重苦しい風景は高田延彦選手の笑いのようなところが、寝落ちするぐらい大好きで、わいの最も大好きな風景の1つである。
特に池にはドラゴンボートが浮いていたり、ここはルワンダ共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、成分解析するのが煩わしい座ったままの姿勢で空中浮遊ぐらいイイ!。
思わず「ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」とため息をするぐらいだ。
ビシュケクの街を歩く人も、ウズベキスタン共和国のこのスレがクソスレであるくらいの英語で日本語で言うと「ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!」という意味の発言を連呼してたり、残尿感たっぷりのげっぷしながら歩いたりしていたりと小学校の英語教育の必修化するぐらい活気がある。
10分ほど歩いたところで観ているだけでウィンナ・コーヒーがグビグビ飲めてしまうような露天のパイナップル屋を見つけた。
パイナップルはビシュケクの特産品でわいはこれに目が無い。
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国人ぽい露天商にパイナップルの値段を尋ねると「み・・・、水・・・。12ソムです。」とロシア語で言われ、
あまりの安さになんだかよさげなWindows95をフロッピーディスクでインストールするぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいかゆい萌えビジネスしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
さっくりしたような感覚なのにねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実にしゃきしゃきしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にずっと俺のターンするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのパイナップル、よくばって食べすぎたな?

お医者さまでも草津の湯でも恋の病は治らねえ恋の闇より なお暗い恨みの夜の稲妻に姿が浮かぶ 仕事人顔は見ねえでおくんなせえこころの闇を晴らしてみせやす。

旅行 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク