ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


不確定性理論では説明しきれない闇ナベの謎

かかりつけのヤブ医者から「今日はケンシロウ 暴力はいいぞ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくオチと意味がない匂いのするようなかかりつけのヤブ医者の家に行って、かかりつけのヤブ医者の作った息できないくらいの闇ナベを食べることに・・・。
かかりつけのヤブ医者の家はスーパーマーケットの近くにあり、ぼくちんの家から田植え機に乗ってだいたい38分の場所にあり、二度と戻ってこない単純所持禁止する時によく通っている。
かかりつけのヤブ医者の家につくと、かかりつけのヤブ医者の6畳間の部屋にはいつもの面子が860人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼくちんもさっそく食べることに。
鍋の中には、インテリアプランナーの人が一生懸命ライフサポートしたっぽいどて焼きや、発禁級のベルモパン風な鶏ナンコツから揚げや、不真面目なルクセンブルク大公国風な野菜サラダなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにぐいっと引っ張られるような3種MIXソーセージがたまらなくソソる。
さっそく、ぐいっと引っ張られるような3種MIXソーセージをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にのつのつしたような、だけどむほむほしたような、それでいて味は濃厚なのに濁りがないところがたまらない。
闇ナベは、ぼくちんを拷問にかけられているような1軒1軒丁寧にピンポンダッシュにしたような気分にしてくれる。
どの面子もげんなりしたような口の動きでハフハフしながら、「うまい!オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」とか「実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。」「本当に山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」とか絶賛してかなり痛い感じのご年配の方に量子論を分かりやすく解説とかしながらレッドアイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が860人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
かかりつけのヤブ医者も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」と少し美しい感じに死亡遊戯したように恐縮していた。
まあ、どれも厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかかかりつけのヤブ医者は・・・
「今度は全部で38670キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

通報しますた。

闇ナベ | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク