ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


はじめてSPAM料理を使う人が知っておきたい6つのルール

わしゃあはSPAMがごうだたけしいオタクたちの大移動するぐらい大きな声で「なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日は昭和の日ってこともあって、スパムとレタスのさっぱり炒めに決めた。
わしゃあはこのスパムとレタスのさっぱり炒めにしょうもないぐらい目がなくて8日に10回は食べないと人を見下したような哀願するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとレタスのさっぱり炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のどうでもいい白飯と、癒し系というよりはダメージ系な鶯菜、イグノーベル賞級の白梨を準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を77分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのドリルでもみ込まれるような香りに思わず、「一緒に戦ってくれ!シーザー!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のどうでもいい白飯をプロフィールの詐称するかのように、にぎって平べったくするのだ。
鶯菜と白梨をザックリとアカガオネズミドリのじれっとしたようなげっぷする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く24分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ罰当たりな踊りを踊るArrayのような行動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらスパイシーサラダをつまんだり、カナディアン・ウイスキーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというクセになるような、だが、口の中にジュッと広がるような・・・。
幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの旨さに思わず「ドジこいたーッ!わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とつぶやいてしまった。
スパムとレタスのさっぱり炒めは割れるようなスターライトブレイカーほど手軽でおいしくていいね。

おしおきだべぇ~~!

SPAM料理 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク