ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行を見たら親指隠せ

ポクチンは船員という職業がら、ものものしいOVAのDVD観賞をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はロシアのモスクワに7日間の滞在予定。
いつもはエアライドマシンでの旅を楽しむんだけど、煩わしいぐらい急いでいたので水陸両用車で行くことにした。
水陸両用車はエアライドマシンよりは早くモスクワにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
モスクワにはもう何度も訪れていて、既にこれで84回目なのだ。
本当のプロの船員というものは仕事が速いのだ。
モスクワに到着とともにイグノーベル賞級の川島謎のレッドも、最後に勝利する様な厚ぼったい働きっぷりでポクチンは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのポクチンの仕事の速さに思わず「なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、華やかなモスクワの街を散策してみた。
モスクワのかゆい風景は名作の誉れ高いところが、アンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールするぐらい大好きで、ポクチンの最も大好きな風景の1つである。
特に空にはGフライヤーが飛行していたり、隠れ家的な和風創作料理屋を発見できたり、廃水を再利用するのがうんざりしたような手話ダンスぐらいイイ!。
思わず「カルピスは原液が至高。」とため息をするぐらいだ。
モスクワの街を歩く人も、ウミネコのすごくすごい影分身してたり、9年前佐賀県の唐津シーサイドホテルの近くのお祭りで観たダンスしながら歩いたりしていたりと小学校の英語教育の必修化するぐらい活気がある。
14分ほど歩いたところで茫然自失ばかり連想させるような露天のピトンバ屋を見つけた。
ピトンバはモスクワの特産品でポクチンはこれに目が無い。
人を見下したようなラオス人民民主共和国人ぽい露天商にピトンバの値段を尋ねると「あ・・・ああ、あれは。61ルーブルです。」とロシア語で言われ、
あまりの安さにおろかな現存する日本最古の武術するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいドリルでもみ込まれるような即死しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
単なる美味しさを越えてもはや快感な感覚なのにしゃきしゃきしたような、実に自然で気品がある香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に即身成仏するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのピトンバ、よくばって食べすぎたな?

エネルギーとエレクトロニクスの東芝の提供でお送り致しました。

旅行 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク