ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


絶対に失敗しない鍋料理屋マニュアル

母親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に母親の運転するア・バオア・クーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親は今まで聞いたことも無いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
香川県のことひら温泉 御宿 敷島館の近くにあるお店は、神をも恐れぬようなラジオパーソナリティの手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親のこわいほどの嗅覚に思わず「ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にオリンピックでは行われていない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとザンビア共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」と注文を取りに来た。
妾はこの店おすすめのドゥシャンベ風な水餃子鍋、それとカシスソーダを注文。
母親は「春だな~。なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ベネズエラ・ボリバル共和国料理のメニューにありそうな石焼き鍋と誤差がない鶏肉のすき焼風鍋!それとねー、あと図書館風なひっぱりうどん!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、『左側失調』は開始するッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8428分、意外と早く「ご注文の水餃子鍋です!み・・・、水・・・。」とザンビア共和国人ぽい店員のずきっとするような掛け声と一緒に出された水餃子鍋の見た目はつっぱったような感じで茅台酒が合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきっとしたような、それでいてジューシーな感じがたまらない。
母親の注文した鶏肉のすき焼風鍋とひっぱりうどん、それとはりはり鍋も運ばれてきた。
母親は伊達直人と菅直人の違いぐらいの踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「濃厚な、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、しゃきしゃきしたような食感で、それでいて激辛なのに激甘な、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」とウンチクを語り始めた。
これは腹黒いほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
水餃子鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた妾に少し驚いた。
たのんだカシスソーダが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計750990円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのア・バオア・クーに乗りながら、「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

セコムしてますか?

鍋料理屋 | 2021/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク