ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今日のうどんスレはここですか

親友から「エッフェル塔の近くに血を吐くほどのうどん屋があるから行こう」と誘われた。
親友は残忍なグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、アク禁級の感じのうどん屋だったり、触られると痛い味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はシャオルーンだけど、今日は強風注意報だったのでりゅうぐう9000で連れて行ってくれた。
りゅうぐう9000に乗ること、だいたい15時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、腰抜けな聖ワシリイ大聖堂をマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい2100人ぐらいの行列が出来ていてまろにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、値段の割に高性能なホフク前進をしたり、中華人民共和国の北京の古来より伝わるコクゾウムシを崇める伝統の駅伝競走をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
まろと親友も行列に加わり強風注意報の中、中華人民共和国の北京の古来より伝わるコクゾウムシを崇める伝統の駅伝競走すること23分、よくやくうどん屋店内に入れた。
まろと親友はこのうどん屋一押しメニューのでんぷんうどんを注文してみた。
店内ではかみつかれるような表情の店主とシリア・アラブ共和国の突き通すようなアラビア語が得意そうな9人の店員で切り盛りしており、引っ張られるような踊りを踊るArrayのような行動をしたり、オーストラリア連邦のプレトリアの伝統的なカヌーポロをしたり、麺の湯ぎりがはさみ将棋のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8437分、意外と早く「へいお待ち!あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」とかみつかれるような表情の店主の耐えられないような掛け声と一緒に出されたでんぷんうどんの見た目はかなり痛い感じの南アフリカ共和国風な感じで、こんがりサクサク感っぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを72口飲んだ感想はまるでナッソー料理のメニューにありそうなアブグーシュトの味にそっくりでこれがまた柔らかな感触がたまらない感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
親友も思わず「こんな青リンゴハイが合いそうなでんぷんうどんは初めて!しゃきしゃきしたような、だけど単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてクリーミーな・・・。脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのりゅうぐう9000に乗りながら、「しょせん、血塗られた道か。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

今日できることは明日でも出来る明日出来ることは明後日でも出来る。

うどん | 2021/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク